2013年2月アーカイブ

中国海軍:レーダー照射 (毎日新聞)


解説するまでもない話だが,「レーダー照射」って,とんでもない挑発行為なのだ.軍艦が持っているレーダーは大きく分けて,「捜索レーダー」と「射撃レーダー」の2種類である.「捜索レーダー」というのは,どこに何があるか,を発見するために使用するレーダーで,なるべく広範囲を見るために,比較的波長の長い電波(とはいえ,VHFよりは短いはず)を使用する.一方「射撃レーダー」というのは,射撃目標に対して砲撃を行うために必要な,目標までの距離・方位を得るために使用され,波長の短い電波を使用する.
今回の「レーダー照射」とは,この「射撃レーダー」を海自艦艇に当てた,ということで有り,要するに「砲撃の意思を表した」と見なされる.

最近の艦艇は第二次大戦式の「重装甲をまとい,ある程度砲弾が命中する事を許容する」設計ではなく,「砲弾そのものを当てない様に機動力と電子装置,防御装置に力を入れる」設計なので(要するに,一発当たったら戦闘力は失われる),殺気立った海軍ならば,レーダー照射を受けると同時に反撃してもおかしくない.

で,これをどうみるか,だが,共産党中央の意思ではない気がする.要するに,海軍,あるいはその下部組織である艦隊以下のレベルの暴走ではないか.
共産党中央は軍を完全に統制できていないという,かえって危険な兆候な気がする.

何らかの紛争にならざるをえないのかなあ.

純軍事的には,自衛隊の優勢は疑いない.が,今の段階で何らかの紛争ということは,法的整備が出来ていない状態であるから,現場自衛官に余計なプレッシャーを与えることになってしまう.早急にROE(Rule of Engage)などを整えてあげたいが・・・.

[신간 돋보기] 옆나라 일본에 대한 '불편한 진실'


いきなりハングルリンク.筆者も朝鮮語は出来ないので,excite翻訳に突っ込んだものを以下にコピペ.

ここから.
-----------------------------------------------------------------------
20対1,17対0.ハンドボール競技スコアではない。 '20対1'は昨年まで排出された日本と韓国のノーベル賞受賞者数を備えたことで、'17対0'はその中で基礎科学分野受賞者数の対比だ。 サッカー韓日戦に熱狂する私たちの国民だが二国間ノーベル賞受賞者数,世界大学評価順位、年間国際特許登録件数などの競争には鈍感だったり熱心に冷遇する。

このような現実はただ独島(ドクト)を'竹島'と呼ぶ彼らのごり押しのためだけではない。 二国間に敗因鮮明な歴史の車輪跡が産んだその不便さがこういう'不便な真実'に目をとじたくさせることが事実だ。

最近正式発足した釜山(プサン)観光公社のコンベンションビューローチーム長を引き受けたハ満鉄が出した'近いが遠い日本正しく見る'はこういう'不便な真実'に関し専門家でない一般人の率直で直接的な目(雪)で暴いた指針書だ。

韓国人は英語をよくできない日本人たちをそれとなく無視する。 だが、著者は基礎科学分野ノーベル賞受賞者中英語に堪能な人は殆どないと一喝する。 それと共に英語教育にだけオールインして基礎科学は軽視する私たちの教育現実、英語をできない日本人を無視する基調などに厳しい忠告を与える。 それでも本内容がとても重いだろうか。 しかし心配しないようにしよう。

胸の内(ほんね)と表面表現(たてまえ)を区別する方法、韓国よりさらに繊細で発達した箸文化にからまった話、数多い自然景観と観光地に対する非常に小さい案内など興味深い内容があふれ出るから。

2008年から3年間日本貿易事務所長で勤務しながら見聞きして感じたものなどを釜山市(プサンシ)公務員ホームページに連載して2012年最優秀知識人に選ばれたりもした著者の簡単でない文味わう面白味もまたかなりよい。
--------------------------------------------------------------------
ここまで.

なぜか「英語の出来ない日本人」「英語の得意な韓国人」というステレオタイプがある様だが,それはともかく.

そもそも,理系の大学・大学院教育を全て母国語で出来る国って,実は限られている,という事実に韓国人が気づいていないのではないか.
あくまで個人的偏見だが,英米独仏ロ日,位ではないか.

というか,日本人自身も,そのことのありがたみを認識していない様に思う.

日本が曲がりなりにも自然科学,科学技術分野で世界レベルの研究・開発が出来るのは,「解体新書」に象徴されるような,文献の翻訳を地道にしてきた事,その過程において,様々な現象・概念を日本語の中に取り入れてきた事,が大きい様に思う.
何の予備知識も無く,数百ページの原書を全て読破することは自分には出来ないし,よしんば読破したとして,理解までには及ばない.それだけで,数年はかかるだろう.

そういった,少なくとも数百年単位の先人の努力を,僕らは「日本語を母語とする」だけで労せずして手に入れている.自分もこの蓄積を少しでも増やす一助になれば,と日々精進するのみである.

なお,朝鮮語,に限定すれば,「漢字廃止」が大きな影響を与えている,ということもある.日本語で例えると,ひらがなだけの専門書,読みたいと思うだろうか.実害もある.韓国高速鉄道KTX(断じて「韓国版新幹線」ではない)の枕木に亀裂が入った事故の原因は,

亀裂の原因は、仕様書の『防水(バンス:水を防ぐこと)』発泡充填材を、朝鮮語での同音異義語の『放水(バンス:水を減らすこと)』と勘違いし、枕木製造 業者が下請企業に発注した埋設栓(フックボルト)の素材に吸水性のスポンジ素材が使われていたことで、雨季に浸み込んだ雨水が冬季に枕木内部で凍結・膨張 し、コンクリートにヒビが入ったことによる。
韓国高速鉄道(Wikipedia)

だったそうな.