2013年9月アーカイブ

つか,今更驚かれても

| コメント(0) | トラックバック(0)

大学で広がる「5年雇い止め」 法改正で非常勤講師を直撃

当初から想定できる結末だよな.企業の派遣で同様の措置を取っているのに.だいたい,そんなに簡単に常勤転換が出来るのなら非常勤なんか使わないっての.

全体的に雇用の流動性を少しづつあげる方策をとらないと,解消できない問題だと思う.

もしくは(国立大学法人に対する)運営交付金を減らすのをやめたら?

北の鉄路

| コメント(0) | トラックバック(0)

JR北海道:レール異常放置97カ所...過半数が旅客線

「旅客線」の意味が分からないが,旅客が乗車する線路,つまり「本線・副本線」のことか.

近所の書店では「函館線事故の影響で雑誌入荷遅れ」となっていた.

冬は通常の保線に加え,除雪作業が必要な北の鉄道は過酷な環境下に置かれている事は確かだが,国鉄時代含め,ここまで事故が続いた事は無いように思う.原因は良く分からないが,冬でこそ真価を発揮するべき鉄道が,夏においてこの体たらくでは,JR北海道の存在意義に関わるのではないか.

最近半島ネタに偏ってる気がするなあ.

いきなりハングルリンク.

해군 '5개월전에도 독도함 발전기 고장' 은폐

当然,こんなもん読めないので,エキサイト翻訳に突っ込んだ結果が下の文章.

アジア最大上陸艦である独島艦(写真)が去る10日発電機火災で西海(ソヘ)で起動を止めた事故が発生した中で去る4月にも発電機浸水事故が起きたが修理がなされなかった事実が一歩遅れてあらわれた。

特に海軍は今回の火災が既存発電機故障と関連があるという疑惑が起きていることにもこれを公開しなくて事故(思考)を隠そうとしたという指摘を受けている。

12日海軍関係者によれば独島艦には総4台の発電機が設置されていたし、去る4月一種の水タンクであるバラスト タンクに海水を満たして船体均衡を合わせる作業を罰して乗務補助員のバルブ操作ミスで発電機室に水が怒涛のように流れ込んだ。 当時海軍は自らの修理を試みたが不如意だから水に浸った発電機2台を地上(紙上)に移して修理を進行中であり、残りの2台は10日火災事故で稼動を止めた。

軍関係者は"配意最も重要な部分に海水が流入する残念であきれたことが起きた"と話した。 軍当局は当時事故(思考)に対する責任を問うて担当者に対する懲戒措置まで終わらせたと分かった。

専門家たちは4月浸水事故以後独島艦が2台の発電機だけで起動したという点を上げて今回の火災事故と密接な関連性があると見ている。 だが、海軍は火災事故以後"独島艦には総2台の発電機がある"と発表しながら去る4月浸水事故(思考)で2台が修理中という事実を隠してきた。

特に陸上の発電機は来年4月にでも修理が終えられる予定なので独島艦が長期間正常な起動に制約を受けるほかはないだろうという憂慮も出てくる。 海軍関係者は"独島艦の国産化率は70%以上だが発電機部品を外国で持ってこなければならないので浸水事故(思考)による発電機は来年4月頃修理が可能だ"と話した。 彼はまた"火災事故による故障は内部損傷が多くなくて1ヶ月内修理が可能なことと判断している"と説明した。

独島艦は排水量1万4000tに達するアジア最大上陸艦で建造費用にだけ5000億ウォン以上投入された。

チョン・チョルスン記者csjeong1101@munhwa.com

 

・・・なんつーか,君らには勝てん.日本海軍だって,日本海海戦時の聯合艦隊旗艦である戦艦三笠が爆沈したり,友鶴事件や,第四艦隊事件など,いろいろ「やらかして」きているのだが,これはいかんでしょ.整備補修の概念がないってほんまやね.

大邱駅で列車3重衝突事故、京釜線が一時まひ=韓国

総督府時代からの最重要路線,日本で言うところの東海道本線ですな.

余談だが,京城-新義州を結ぶ京義線は,南側では同じ名前で存続しているが,北側は平壌を境に平義線,平釜線と名前を変えており,線名が互いに「乗り入れて」いる.

閑話休題.三重衝突ということで三河島事故が頭をよぎったが,事故原因が異なる.三河島では貨物列車が停止信号を視認してブレーキをかけたが間に合わず,安全側線に進入・脱線し,本線を支障したのが根本原因である.それで,ATSが整備された.

なので,KTXが通過中に待避列車が動き出せるのが不思議.ATSのような安全装置はなかったのだろうか.まあ,ATSにしても万能ではないのだが,高速鉄道特有というよりは,鉄道の基礎的な安全対策の問題のような気がする.